Professional Plan v6

 

2週間ぶりに、建築家との打合せ。 部屋の間取りは概ね決まったので、室内については大きなコメントなし

残るは、外構

前々回のプランで壁面緑化の提案があり、家の前のウォールを小松精錬のgreenbiz louverで仕上げようと盛り上がったんだけど、同社から出てきたコストが500〜600では、採用しようがない。 業務用しか手がけていないとのこと

週末、近所の青山フラワーマーケットに行くと、プランターから伸びたIvyが壁面を彩っている。 プランターには自動潅水システムがしこまれているようだが、それ以外は普通のIvy.  壁には、蔓を巻きつけるための針金が敷き詰められていたけれど、これなら自分でもできそうだ

なので、ウォールは白い塗り壁とウッドデッキの組合せにして、入居後に自分でIvy育てて、自家製壁面緑化を試みることに。 日当たり次第ではうまく育成しない可能性もあるので、小ぢんまりと始めるのが良さそうだ

玄関前の通り道の仕上げは、タイルかウッドデッキかで、悩み中。 我が家は恐らく、ビーチスタイルにカテゴライズされるので、ウッドデッキが相応しいはずだが、コストがかかる。 毎日使う道のため耐久性を考慮すると、ウッド調のタイルという選択肢が現実的かもしれない

最後に、パーゴラ

自分としては、ロンハーマンテイストを最も表現できるのが、このパーゴラ。 家の前面10mをパーゴラで繋ぐと、それは壮観だと思う

パーゴラ無くても家は建つけれど、家を建てることを考え始めた最初から、ロンハーテイスト=パーゴラで進めてきたので、これは成し遂げたい

しかし、ここでも立ちはだかるのが、コスト

パーゴラ無くても家は建つので、必要な投資というよりは、完全に趣味的投資。 それにウン百万円かけても良いのか、普通はナシだよな

パーゴラはしかし、駐車場部分については、強化プラスチックを載せることで屋根にもなるので、一定のコストは許せそうだ。 因みに、見た目からは強化ガラスを載せたいけれど、木造住宅から突き出したパーゴラの上に、重たいガラスを載せるのは現実的じゃない。 パーゴラ自体も、木製は無理で、鉄製になってしまうので、大幅コスト増だし

パーゴラのコストが出てくるのは、来週の打合せ。 目が飛び出る価格か、耐えられるか? 

価格次第では、マカンターボを諦めて、Sにするとか?

あ〜、どうなるか、ドキドキだな

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中