家の最終検討状況

 

Union Square Tokyoでランチ食べつつ、妻と家のことを話す 

間取りも外構もほぼ固まったので、後はコスト。 お金をかけて、理想の家に近づけるか、どこかで妥協するか?

注文住宅なので、頼めば全てオーダー可能。 但し、コストがかかる。 標準仕様のキッチンやバス、トイレ、洗面台、ドア、窓サッシ、タイル等々にすることで、コストを抑えることができる。 しかし、標準仕様を使いすぎると、建売りっぽい家になる

どこで、違いを出すか?

人によって、こだわりのポイントは異なって、キッチンやバスにこだわる人もいれば、リビングをホームシアターにしたい人もいる。 庭の植栽にこだわる人ももいるだろう

我が家のこだわりポイントは、どこか? 整理してみよう

1)間取り: 昼顔に近い間取りが実は、我が家にとって日当たりを最大化できるもの。 家を新築するスタートポイントであり、妻のこだわり

2)ターコイズ・ブルーの柱タイル: これも昼顔テイスト。 基本的に白でシンプルな内装なので、いいアクセントに。 これも、妻のこだわり

3)ウッド・シャッター仕上げのドアとウッド・ブラインド: ロンハーマン・テイストを出すための必須アイテムで、自分のこだわり。  色は当然、白

4)家の1階正面のラップサイディング: 家全体をラップサイディングにすると、アメリカン・テイストが強すぎるので、1階正面のみ。 これも、ロンハー外装のウッド・シャッターを参考に

5)ウッドデッキ: リビングとダイニングから出られるウッドデッキ。 雰囲気を重視して、天然木で。 窓も、フラットサッシで

6)ウッド製のウォールと目隠しルーバー: 白塗りのコンクリートやステンレス製の目隠しではなく、天然木で

7)パーゴラ: ロンハーマン・テイストの仕上げとして欠かせない。 家にはまったく必要ないんだけど

こうして列挙すると、結構こだわってるのかな? 他の人と比べたことないから、分からないな。 庭で枯山水つくる訳じゃないから、いいのかな?

これを全て実現すると、当然に予算オーバー

どうするか? 終の住処の満足度を左右する、大きな決断だ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中