ウッドシャッター(続)

 

昨年末訪問した韮山反射炉が、世界遺産になるようだ。 明治維新を成し遂げた若者たちは、皆立派だな

さて、昨晩妻と、ウッドシャッターについて話したら、意外とすぐ結論に達した

玄関収納を、今の壁一面シューズ・クローゼットから、玄関部分を腰高の収納に変更し、空いた上部スペースに縦長の窓を入れ、明かりを入れる。 この収納扉は、木板で。 ホール部分は壁一面シューズ・クローゼットのままとし、扉はウッドシャッターで

玄関からリビングへのドアはウッドシャッターを維持し、ダイニングと客間の仕切り引戸は木板で

この結果、

①ナニックのウッドシャッターは3枚使用(コストは50くらい)

②玄関の窓が2つに増え、より明るく

③腰高収納の扉とホールにあるトイレ扉の色を合わせることで、白過ぎない玄関に

ウッドシャッターの枚数が9枚から3枚に減ったので、90ほどコスト減。 一方、腰高収納上部の縦長窓とその周りに貼るタイルのコストが20くらいなので、ネットで70くらいの節約か? 縦長窓にウッドブラインドを付けるかは、入居後に判断しよう(多分、不要)

いや〜、妻のアイデア、なかなかイイね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中