Kingsdown

 

ベッド探求の旅は続き、みなとみらいの大塚家具へ

大塚家具と言えば、キングスダウン

知ってはいたけれど、まさかこれほどとは(笑)

シーリー、シモンズのベッドは体験したので、やはりキングスダウンを試そうではないかと、横になっていると、爽やかな営業マンが声を掛けてくる

キングスダウンは、ウレタンを厚めに入れているのが特徴で、寝心地は抜群。 柔らかいので、腰に悪いとか夏暑いとかネガティブ意見もあるようだけど、確かに雲の上にいるようなフカフカな感触。 まぁ、気持ち良い

営業マンが詳細な商品説明をしてくれるんだけど、それがもう子守唄のようで、ウトウト。 キングスダウンは、あまりにフカフカで、枕が不要なほどらしい。 確かに、シーリーでもシモンズでも必須だった枕が、キングスダウンでは不要な感じ

中でも、Perfectionというラインが、柔らかいんだけど柔らか過ぎず、腰が落ちすぎないこともあり、気に入ってしまった

何十分間も説明を続けてくれる営業マンに、

『予算は50万円ね』

と伝えて、Perfection+ボトムマットレスの値段を出してもらうと、、、70+万円

高いじゃないか!?

だったら別のベッドを考えようとするも、営業マンが『他社がキャンペーン中の今なら、他の時期では出せない値段を出せます!』と力強く宣言するので、4階に降りて、正式な見積もりを出してもらうことに

出てきた値段は、、、67万円

安くないじゃん!

キングスダウンは、大塚家具が専門で取り扱っている分、ゴージャスな値引きが出てくると思っていたが、渋い。 渋すぎる

これ以上の値下げは、若手営業マンでは難しいらしく、それでも前金を払って、商品を抑えてはどうかと提案してくるが、50万円弱でヘブンリーベッド買えるのに、67万円でキングスダウンは買わないよね

ヘブンリーベッドは、何度も寝たことがあり、腰が痛くなったことは一度もないので、買って安心なベッド

一方のキングスダウンは、ショールームでの寝心地はフカフカで良いのだけれど、一晩寝たことがないので、安心できるか分からない。 合うかもしれないし、合わないかもしれない

値段が安ければ、リスクを取って購入することもありだけど、値段が高いはリスクがあるはでは、買えないよね

ということで、内金入れずに、サヨウナラ

出口に歩いていると、妻が、ディズニーのマグカップをプレゼント用に買いたいと。 ベッドを売り損ねた営業マン、たかだか2〜3千円の買い物に付き合わせて申し訳ないなぁと思っていたが、ここでもしっかり笑顔で全力サポート

こういう接客は、大事だね

キングスダウンはパスだけど、押し売りしすぎない彼からなら、シモンズのゴールデンバリュー・ピロートップを買ってもいいかなと

接客は、一期一会。 常に全力で、誠実にしないとね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中