カーテン(5)ナニック ウッドシャッター(天窓)

 

2階ファミリーホールの天窓(トップライトと言うらしい)には、ナニック製ウッドシャッター(ピュアホワイト)を設置

今回我が家のカーテンを担当してくれた方も、トップライトにウッドシャッターを取り付けするのは初めてとのこと

『本当に、素敵ですね』

なんてプロの方に言われると、素直に嬉しいよね

トップライトは当然屋根に設置されているので、汚れを掃除できない。 更に、(防火上)格子入りガラスなので、見た目もイマイチ。 とは言え、隠すと光が入らないから意味がない

光を取り入れつつ、見た目を改善するための必然策が、ウッドシャッター。 しかも、スラットの角度を調整できるナニック

カーテンは全て満足しているけれど、このトップライトへのウッドシャッターが一番、我が家でインパクトあるだろうね

2階ファミリーホールは、空間こそあるけれど、工夫しなければDead Spaceになってしまう。 ここの窓を出窓化して、そこにベンチを設置することでリビング化。 更に天窓を付けることで明るさを確保。 この出窓と天窓に、ナニックのウッドブラインドとウッドシャッター

1階リビングはハンターダグラスのシルエットシェードを通して柔らかい光が差し込み、2階リビングにはナニックを通してシャープな光が入る。 印象が異なるリビングが2つある幸せ。 こだわって、良かったね

(庭のアウトドア・リビングを加えると、リビング3つだ!)

このウッドシャッターは、すごくお勧め。 より大きいトップライトがある家だと、導入インパクトはかなり大きいと思う。 空間の印象がガラッと変わる。 カリフォルニア感=ビーチ感が、一瞬で出る

そして、スラットの角度を変えることで、光量をコントロールできるから、室内の温度管理にも役に立つ。 ウッドシャッターを付けるだけで、室内温度は数度下がるんじゃないかと思う

そう考えると、導入しない選択肢はないよね(ナニックの営業マンみたいだ(爆))

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中