ランニング談議

 

ハーフマラソン翌々日、仕事のミーティングの合間、箱根駅伝ランナーの補欠に入ったことのある若者に、今回のハーフマラソンの結果を伝え、2時間切りのアドバイスを請うてみた

『30kmランっすね。 あるいは、3時間走』

ハードル高いな

『週に1回3時間走すると、ハーフ2時間は楽勝です。 しかも、痩せます!』

その練習を継続できれば、確かに速く走ることとダイエットを両立できそうだ

『30km走ると、脚に痛みが出てくると思います。 そこで、筋トレ。 関節が痛くなるのは、筋肉でカバーできてないからですよ』

筋トレ? そこまで本気じゃないんだけど、筋トレして、膝痛が緩和されるのであれば、価値はありそうだ

『本番よりも距離走ってスタミナ付けないと、いい結果出ないですよ。 フルマラソン出る人は、50km走りますから』

ほんとかな!? でも、今までの2度のハーフマラソンいずれも、最後の3キロで失速しているので(元々遅いんですが、何か(笑))、距離を克服するためにも、3時間走/30kmランは良いトレーニングかもしれない

『僕は、2日で100km走ってましたよ』

それ、聞いてないから(笑)

自分の場合、1回のランの平均距離は5km.  平日はこれで仕方ないとして、週末走る距離を10kmではなく、20〜30kmに伸ばして、月間走行距離を積んでいく必要があるんだろう

ロードバイク頑張ってた時も、月間1,000km走ってたし、その時は痩せて、平均スピードも速かったような

持久系スポーツはやはり、Volumeが必須なんだろう。 痩せること必定なので、3時間走やってみようかな

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中