2017 夏休み 3日目 兼六園

北陸旅行3日目は、兼六園

ホテル近くのレンタルサイクル『まちのり』で自転車を4台借りて、兼六園まで30分

兼六園下から兼六園入口へ向かう桂坂がそこそこ急坂で、妻と娘は押して歩いてたな

3大庭園は、岡山後楽園に続く2つ目の訪問だったけど、天気が良く、庭園の緑が爽やかで、大変癒されました

園内の芭蕉先生が一句詠んだ場所に座って、家族4人でいきなり俳句大会

即興で詠んだ俳句が家族に大受けし、兼六園で大爆笑してしまった(爆

その後、金沢城を散策していると、あっという間に12時過ぎ

午後は、福井の水晶浜に行く予定だったけど、この時間に金沢を出ると、海に着くのが15時頃と遅くなりそうだったので、海は翌日に持ち越し

代わりに近江町を再訪し、回転寿司 大倉で、寿司ざんまい

娘が一番たくさん食べていたような。。

街並みも良く、食事も美味しく、初めての金沢に大満足

次回来る時は、もっと滞在時間を長くして、街をゆっくり散策することにしよう

妻と2人で来れれば、21世紀美術館前にあるポール・ボキューズでディナーできるといいね

広告

2017 夏休み 2日目 鮨 歴々

富山県美術館から金沢へ移動し、駅前のANAクラウンプラザにチェックイン

今回の旅行は、お盆休みにぶつかったので、ホテルの予約がままならず、10日前でも空室があったホテル/旅館に泊まったけれど、どこも良かったので、結果オーライ

ホテルからタクシーで、金沢21世紀美術館へ

現代美術館として有名だけど、うーん、こんなものか

MUJIの商品タグが大小混ざって展示されているのを見ると、これが現代アートなのか? 何でも、アートの対象になるんだな

その後、夕食を食べに、鮨 歴々 近江町店へ

金沢に来たからには寿司を食べねばと思い、事前に予約していたのがこちら

コースの〆に出て来たのどぐろ手巻き、あまりの旨さにおかわりして3本いただきました

ネタが新鮮で、価格もお手頃で、家族づれでまた来たいとと思える良店だったね

2017 夏休み 2日目 富山県美術館

TAD — Toyama Art & Design

可能性を感じさせるプレオープンでした。 8/26オープンだけど、いつか再訪したいね

しかし、オープン前のため白い布に包まれる白くまくん、シュールすぎる

外には布を取った白くまくんが立っていたので、この際、館内の白くまくんはこのままにした方が、アート的には面白いんじゃないかと

『白くま、入院中』

ってことで、どうかなぁ?

2017 夏休み 2日目 富山環水公園

2日目、宇奈月は雨

前日、黒部ダムの大自然を楽しんだので、雨の中黒部峡谷鉄道に乗る気も起こらず、行き先を富山市内へ変更

世界一美しいスターバックスで朝食を食べた後、ホテル黒部の女将さんから、オープン前だけど施設内見学できると聞いた富山県美術館を訪問し、その後金沢へ移動するプラン

宇奈月から富山環水公園へ向かっていると雨が止む。 結構、変わりやすい天気だな

曇り空の下、富山環水公園に到着し、スタバへ。 目の前に池が広がる光景は、前日見た北アルプスの山々が織りなす風景とは異なるものの、これはこれでホッコリ

地元にこんな公園があったら、お茶したり、周りをジョグしたり、子どもとバドミントンしたり、楽しいだろうなぁ

園内には、懐かしのフレンチの鉄人 坂井シェフ監修のお店があり、再訪した際にはぜひ、食べに来たいね

そして、富山県美術館へ

2017 夏休み 初日 大観峰

黒部ダムからケーブルカーとロープウェイを乗り継いで到着したのが大観峰

眼下に広がる雲海と合間に見える黒部湖

美しすぎる

ところが、この絶景が見えたのは、わずか5分。 5分後には、展望台は雲に包まれて、視界ゼロ

大自然の変化を体験すると、自然を甘く見ちゃいけないことがよく分かるね

大観峰から立山方面に行くと、室堂は雨。 軽装の我が家に雨天の室堂を歩くガッツは無く、弥陀ヶ原もライブカメラの画像を通して雨なのが分かったので、湿原を歩くのも断念し、そのまま立山へ

立山着は17:30. 駅前の事務所でG350dを受け取って、宇奈月温泉のホテル黒部まで1時間

最初は大渋滞に巻き込まれ、最後は雨に降られたけれど、黒部ダムの大自然を満喫できたので、最高の旅行初日になったね

2017 夏休み 初日 黒部ダム

今年の夏休み第一期は、3泊4日の北陸旅行

初日は、黒部ダム〜立山への黒部立山アルペンルート

Webで調べると『立山黒部アルペンルート』で出てくるけれど、我が家は黒部から立山へ抜けたので、黒部立山アルペンルート

扇沢に11:30に到着し、G350dを大町トラフィックという扇沢から立山まで車を運んでくれる会社(回送サービスというらしい)に預けて、トロリーバスで黒部ダムへ

200+段の階段を登った展望台からの景色は、まさに絶景

そして、ダムの上からど迫力の放流を見ていると、虹!

夏真っ盛りで、様々な緑が色なす風景に、虹色が相まって、久々の大自然に大感動

ニッポンは、素晴らしい!!

2017 夏休み 初日 大渋滞

今年の夏休みは、お盆の5日間とその翌週の9日間に分けて取ることに

その初日=山の日でお盆休みの初日と重なって、どこに行くにも大渋滞が見込まれたので、朝4時に起きて、4:20に自宅を出発

行き先は、黒部ダム

東名〜圏央道〜中央道〜長野道〜扇沢というルートを選択したのは、圏央道を走ってみたかったから

中央道の渋滞が始まる6時前に談合坂を抜けているイメージで出発したものの、この選択が大失敗。。

横浜青葉から厚木まで3ヶ所で事故渋滞、オイオイ。 特に町田に行くまでが酷くて、2時間とか

R246で15分で行けるんですけど

海老名から圏央道に乗ったのが8時過ぎだから、青葉から海老名まで3時間半(疲

圏央道を八王子まで北進すると、愛川あたりから、またも渋滞

愛川〜相模湖まで180分。。。

扇沢着の予定時刻が14:30とか、、その時間だと、立山に辿り着けないんですけど

すると、息子がグーグル先生を発動し、

『相模原で高速降りて、相模湖から乗った方が2時間早いよ』

いやいや、さすがに2時間早いと、みんなそっちに行くでしょ!?

と思うも、確かに目の前の渋滞は酷すぎて、このままダラダラ運転も辛いので、息子を信じて(=いや、グーグル先生を信じてか(爆))、下道へ

あー、これ、ロードバイクで相模湖行く時に通る道なんですけど

すると、まったく混まずに相模湖ICから中央道に乗ることができ、扇沢着の予定時刻が12:40へ一気に短縮!

その後、飛ばして11:30に扇沢に到着したのでした

早朝中央道に乗る時は、調布から乗るより、圏央道経由するより、下道で相模湖ICから乗るのが一番早いというのが、今回の大渋滞から学んだ教訓だね