Pinsa de Roma

最近、会社帰りに渋谷で降りると買って帰るのが、ヒカリエにあるPinsa de Romaのフレッシュピンサ(とロブションのクロワッサン)

グルテンフリーながらも食べ応えがあって、ピザ好きの自分にベスト。 家のオーブンで焼いても、十分旨い

これが一枚1,000円からという破格の値段で買えるので、つい2枚買ってしまう

この生ハムのバジルピンサは特に、絶品

B&O Beoplay A2 Active

Apple Store表参道で、息子のバースデー・プレゼントとしてBeats Studio Wirelessを購入した後、G350dで二子玉川へ

目的地は、蔦屋家電とBang & Olufsen

昨年末にApple Musicメンバーになり、iPhoneやiPadのスピーカーで音楽を聴くようになったので、より良い音質を求めて、Bluetoothスピーカーを買おうかなと

元々、コストコでMarshallのスピーカーが売られていたのを見て、それを買おうと思っていたんだけど、いろいろと調べてみると、どうもMarshallはベストチョイスじゃなさそうだ

では、何が良いか?

AppleloverとしてはBeatsなんだけど、既にBeats Pillを持っているので(息子の専用機になってますが。。)、今回はそれじゃない

BOSEは、デザイン的に手が伸びない

SonyもJBLも、グッとこない

ゲレンデのスピーカーと同じHarman KardonのEsquire2は、デザインはいいんだけど、洗練されすぎて、インパクトに欠ける

そうして絞り込んで残ったのが、Bang & OlufsenのセカンドラインB&OのBeoplay A2 Active

この音質の良さ、伸びやかな360サラウンド・サウンドを販売店で体験すると、他には行けない

そして、Casualな我が家に合う、お気軽なデザインと携帯性

ダイニングでも、2階のファミリーホールや寝室でも、アウトドア・リビングでも、どこでも持って行けて、高音質の音楽が聴けるなんて、自由すぎる

これはもう、買うしかない

Beats Studio Wireless

今年2月からiPhone7ユーザーになった息子が近づいてきて一言

『誕生日に、Bluetoothイヤフォン買ってほしいんだけど』

iPhone7を買い与えているのに、音楽聴くのは有線でというのも矛盾している気がしたので、一緒にApple Store表参道へ

Appleが、傘下ブランドのBeats推しなのは分かっていたけれど、改めて店内を見渡すと、Beats製品であふれている

1階は、Beats Solo 3 Wirelessの見本市のように、壁沿いに全色が揃っていて、壮観

さて、息子は、イヤフォンとヘッドフォンのどちらがほしいのだろう?

自分はヘッドフォン似合わないので、買うならイヤフォン一択なんだけど、帽子が似合う息子は、ヘッドフォンも着けこなしそうだ

そして、ここApple Storeでは、客単価を上げたいAppleの強い意図により、ヘッドフォンしか試し聴きできない

地下へ行った息子はまず、Solo3を試し、続いてStudio.  別ブランドもあるよとBOSEを試させるが、プロダクトとしての外観がBeatsに劣るので、イマイチの様子。 B&Oに手を出すのは、さすがに早かろう

その後、壁に陳列されているワイヤレス・イヤフォン〜Powerbeats3とBeatsxを見るも

『ヘッドフォンがいい』

そりゃそうだ。 ヘッドフォンの方が、見た目、いけてるからね

Solo3とStudioを着け比べさせると

『こっちの方がいい』

とStudioを推してくる。 そりゃ、オンイヤーよりオーバーイヤーの方が着け心地いいからね

機能的には、新しいSolo3の方が良いみたいだけど、本人がStudioを気に入ったのだから、仕方ない

自分がラン時に着用しているPowerbeats2よりも値段高いんだけど、、高いからこそ愛用してくれると期待して、バースデー・プレゼントとしてお買い上げ

ノイズ・キャンセリング機能が付いているので、塾の自習室でこれを着けて、雑音をシャットアウトしながら、勉強に励んでください。 間違っても、大音量でロック聴かないよう(爆

壊れやすいBeats製品だけど、大切に使ってね

Apple Watch Nike+ 5ヶ月使用中

Apple Watch Nike+を使い始めて5ヶ月。 もはや、生活に欠かせないプロダクトだ

まず、ジョギングが定着。 5ヶ月で走った距離は250km.  ランよりもロードバイク派だった自分が、まさか毎月50キロ走るようになるとは

画面に『前回のラン:9.22KM』とか表示されると、次も頑張ろうと思ってしまう

購入当初は、Apple WatchのGPS精度が悪く、ジョグした道程を記録できなかったり、ペースのスプリット表示が無かったりなど、小さい不満があったけど、アプリのアップデートによって問題解消し、今や不満なし

更に、毎週日曜日は”Just Do It Sunday”企画にのせられて、雨の日以外は必ず5キロ超走るように

そして、キャッシュレス化。 Apple Payでスイカ、iD/Mastercardを標準装備したので、日常の支払いは全てApple Watchで実施

もともとValextraのマネークリップ愛用者なので、小銭持たない派だけど、もう財布持たない派になっても良いと思えるほど

結果、ジョギング時は、Apple WatchとPowerbeats2を装着するのみ

Apple MusicからApple Watchにダウンロードした曲をランダムに流していると、10キロが短く感じるほど

暖かくなってきたので、ますます走ろう

鮨 やな川

22時まで塾で頑張る中1の息子とたまプラで合流し、鮨 やな川へ

白い檜づくりのカウンターに並んで座り、握りを食べる

息子は、ザ・寿司屋なお寿司屋さんに行くのは初めてだったので、最初はやや緊張していた様子だったけど、気さくな若旦那さんと話しているうちにそれも解け、江戸前寿司を楽しんだ様子

中1の締めくくりに丁度、良かったね

自分は、遥か昔に親に連れられて、初めてカウンターで握り鮨を食べたことを今でも覚えている

息子は将来、この日のことを覚えててくれるかな?

鮨を頬張りながら、内申点のこと、塾の先生との個別面談のこと、ホワイトデーにお返しした同級生のことなど、いろいろ話す

中学受験をしなかった息子は、高校受験に向けて、中1春から塾通い。 塾に部活に生徒会にミュージカルにと、自分より忙しいんじゃないかな

中でも、プロの先生の指導の下で3ヶ月間しっかり準備したミュージカルは最上の経験だったようで、中2でもやりたいと

どうしてもミュージカルやりたい息子からの提案は

『駿台模試で偏差値60取るから』

あれ、前は、前回よりも10上げて、64って言ってなかった?

『じゃぁ、61で』

刻むなぁ。 まぁ、頑張れよ

Dining Chair by Time & Style

ウォールミラーと一緒に購入したのが、ダイニング・チェア。 JOBIMというモデル

7〜8年前だったか、Time&Styleでダイニング・テーブルを購入した際に、このJOBIMを2脚購入

その時はまだ小さかった子ども達は、Stokkeのイス2脚を使っていた

それから月日が経ち、長男は間も無く中2.  長女も10歳になり、Stokkeを使い続けるのもどうかという年齢になったため(遅すぎか!?)、今回2脚を追加購入

座面は黒のレザーで、木材はウォルナット

無駄を一切排除した機能的な直線美

何度見ても、美しい

Wall Mirror by Time & Style

玄関に、Time & Styleのウォールミラーを設置

高さ1600, 横幅600という、ウォールミラーとしては大型サイズ。 枠はウォルナット仕上げ

玄関のガラス窓が高さ2000なので、特注して高さを合わせようか、少し考えたけど、購入前にわざわざ我が家を見に来てくれた担当さんが『1600でOK』と太鼓判を押してくれたので、規格サイズのものを購入

それでも、Time & Styleは受注生産なので、1ヶ月超待ったけどね

我が家の玄関は基本、白。 壁紙も、ハンターダグラスも、ナニックのウッドブラインドもウッドシャッターも、全て白

そこに、ウォルナットの木枠が目立って、よい感じ。 窓ガラスとのサイズ差も気にならない

真新しい鏡を覗き込む、愛犬

可愛すぎる